[fusion_builder_container hundred_percent=”yes” overflow=”visible”][fusion_builder_row][fusion_builder_column type=”1_1″ background_position=”left top” background_color=”” border_size=”” border_color=”” border_style=”solid” spacing=”yes” background_image=”” background_repeat=”no-repeat” padding=”” margin_top=”0px” margin_bottom=”0px” class=”” id=”” animation_type=”” animation_speed=”0.3″ animation_direction=”left” hide_on_mobile=”no” center_content=”no” min_height=”none”][fusion_text]電子カタログと紙のカタログのどちらにもメリット、デメリットがあります。[/fusion_text][fusion_text]

電子カタログ 紙のカタログ
メリット
  • キーワードで「検索」して知りたい情報にすぐたどり着くことができる
  • 掲載情報を常に最新な状態に「修正・更新」することができる。
  • 「動画」や「スライドショー」などの機能を利用することでより多くの情報を詰め込むことができる。
  • デジタルデータなので敗れたり、シミになったり劣化することがない。
  • どこでも好きな時に好きな場所でみることができる。
  • 紙の厚みや質感で、手に取る人により印象づけることができる。
  • パソコンなどの操作が苦手な方にもアプローチできる。
デメリット
  • パソコンやタブレット、スマホなどを持っていなければ見ることができない。
  • 紙のカタログにくらべ制作費用が高い
  • デジタルデータなので不正にコピーされ横行されやすい
  • 本やカタログの場合、本屋に並べたり、郵送で送るため配布に費用がかかる
  • 紹介や共有するには直接渡して見てもらうしかない。

[/fusion_text][/fusion_builder_column][/fusion_builder_row][/fusion_builder_container]