デジタルサイネージ制作

オリジナルコンテンツ制作・デジタルサイネージ機器設置施工

ホーム>事業内容>デジタルサイネージ制作
デジタルサイネージ制作 2017-06-11T10:49:57+00:00

デジタルサイネージなら
伝えたい多くの情報を
限られたスペースで訴求が可能に

従来の紙では考えられ無かった、
その場所、時間帯、集まる人に合わせて
表示するコンテンツを変えられる。

1つの面で多くのコンテンツを放映することで
不特定多数の人達に訴求出来る。

デジタルサイネージを
ぜひお客様のサービスにご活用ください。

デジタルサイネージは「いつでも、どこでも、だれにでも」
情報を伝えることのできるメディア

「デジタルサイネージ」は映像による電子看板・掲示板で、
屋外・店頭・公共空間・交通機関など、あらゆる場所で、
ディスプレイなどの電子的な表示機器を使って情報を発信するシステムのことです。

私たちの身の周りには、すでに多くの場所で様々なディスプレイや表示機器が設置され、
広告やサービス紹介に限らず様々な情報が提供されています。

導入場所に関しても、街頭の大型ビジョンや駅や空港、ショッピングモール、
飲食店、大学、ホテル、病院など、デジタルサイネージは急速に広まっています。

屋内外問わず、大型のものからタブレットなどのモバイルサイズまで、
また一定の情報のみを流すスライド式から対話型のタッチパネル式まで、
さまざまな場所、端末、時間帯で情報をデジタルで流す、
そういったトータルな環境に対応できるのがデジタルサイネージです。

 BRIDGEでは業種・規模問わず、サイネージに表示するコンテンツ制作から、
デジタルサイネージ実機の設置・施工まで対応しております。

お気軽にご相談ください。

デジタルサイネージ 見本イメージ

サービス紹介型サイネージ

実際にその店に入ろうか検討している際に、サイネージに表示された商品が気になったり、飲食店を探している際に美味しそうな料理の映像や画像に誘われ実際にお店に入るケースが増えています。

実際にサラリーマン500名以上に行ったアンケート調査で、お店の商品や、メニューを流しているデジタルサイネージを見て、興味を持った、美味しそうだったので店に入ったという回答が28%以上という統計も出ています。

表示コンテンツを遠隔管理

BRIDGEで構築するデジタルサイネージは、基本的にサイネージにスティックPCを接続し、インターネットを介して遠隔地からサイネージに表示するコンテンツをコントロールするシステムを採用しています。

この遠隔地からコンテンツをコントロールするシステムによって得られるメリットは、わざわざサイネージ端末設置場所に行って更新作業を行わないで良いので極端にいえば世界中どこにあるサイネージ端末でもいつでもすぐに更新を行えます。また、サイネージに表示するコンテンツをサーバー側に設置し配信する仕組みですので、導入しているサイネージの台数に依存せず、一度にすべてのサイネージの情報を更新することができるというメリットもあります。

タッチパネル式の対話(接客)型サイネージ

従来の一方通行の同じ内容のコンテンツをスライド式に順次リピート表示するサイネージとは違い、タッチパネル式の対話(接客)型サイネージは、画面上にあるボタンなどのコンテンツをタッチ操作で選択することでそのコンテンツに関連付けられた別のコンテンツを表示できるコミュニケーション機能を実装できます。なのでよりユーザーのニーズに沿ったコンテンツを表示することができるので、高い効果が期待できます。

コンテンツの配信スケジュール管理

BRIDGEでは、上記のようにスティックPCでネットワークを介した配信コンテンツ管理を基本行います。なので大規模配信から、用途やシーンに応じた運用方法を提案すると共に、簡単にコンテンツやレイアウト情報などの配信・表示をコントロールできるシステムを導入しています。例えば飲食店の場合、ランチタイムやディナーなど時間帯ごとのメニュー切り替えや、販売店などの場合はタイムセールや急なキャンペーンなどの情報を細かくコンテンツ配信のスケジュール管理をすることも可能です。

広告収益型サイネージ

2017年現時点で設置店を強化中ですが、BRIDGEではお客さまの注目を集める広告専用サイネージを安価で手軽に、しかも地元の役所(役場)や人が集まる施設に設置したデジタルサイネージに貴社のサービス販促広告をワンストップで展開できる新しいサイネージ・ソリューションを開拓中です。従来の広告サイネージの課題である、サーバーなどのメンテナンス費用や、専門知識も持った社内スタッフなどが不要な完全委託型の広告マネージメントサービスを想定しています。

※ 一定以上の集客力(要審査)がある店舗様は無料でサイネージ端末の設置、掲載広告作成サービスも行っております。ご興味ある方はまずはお気軽にご相談ください。

デジタルサイネージ コンテンツ制作

BRIDGEの立ち上げ当初はロゴデザインや紙媒体デザインを専門とするデザインオフィスでした。なのでデジタルサイネージに表示するコンテンツ制作に関しても静止画・動画コンテンツなどタイプに関係なく、他の制作会社にくらべ、ルールに囚われることの無い自由な発想で、デジタルサイネージの目的、テーマ、コンセプトに沿ったコンテンツ制作が行えるというのが強みであり、お客様より定評のあるところです。

同業者さまからのデジタルサイネージに表示するコンテンツデザインやクリエイティブディレクションのみのご依頼や、外部パートナーとしてのご相談もお待ちしております。

映像制作

BRIDGEではデジタルサイネージコンテンツに特化したPV(プロモーションビデオ)などの撮影・映像制作もお受けしております。

数十年前まで映像制作は大手企業のみしか作れない高価なものでした。ただ昨今では、中小企業や個人店舗などでも自サイトやYouTubeやVimeoなどの動画共有サービス、FacebookなどのSNSにCM動画を投稿して宣伝するなど、より映像は身近なものになっています。

BRIDGEはデジタルサイネージコンテンツに特化させ、映像制作工程を極限までシンプル化し、機材費なども比較的安く抑えることで専門の映像制作会社より低価格で映像制作のご依頼をお受けすることが可能となっております。

また、デジタルサイネージの導入と合わせて映像制作をご依頼頂くことで、ワンストップ化による効率化で納品期限も早めることが可能となっております。

オリジナルコンテンツ制作

BRIDGEでは基本上記したネットワーク(Web)に接続して配信コンテンツを管理しますので、様々なリアルタイム情報を反映、表示するということも可能です。例えば身近な情報でいうとその地域の天気予報やSNS(InstagramやTwitter、Facebookなど)のタイムライン、タイムセール情報などを表示したり、運営しているブログを表示したりなどといったことが比較的簡単に実装できます。

また店頭以外でもオフィスなどに設置することでその日の社内のスケジュール予定表や、社内報などを表示するといった使い方も可能で、アイデア次第でデジタルサイネージは様々な用途で活用できます。

ネットワークに繋がってるからこそ出来るお客様だけのオリジナルデジタルサイネージコンテンツを企画・制作いたします。

翻訳・多言語サイネージ

グローバル化が進む昨今、海外とお取引がある企業様は格段に増えて来ました。また沖縄の場合、米軍基地内の外国人がターゲットとするビジネスも多くあり、多言語対応のサイネージのニーズは高まっています。もしデジタルサイネージの導入を検討しているお客様のサービスのターゲットに外国人が含まれているのなら、ぜひ多言語対応のサイネージをご検討ください。

当オフィスにて翻訳・多言語サイトの制作を行う場合、英語であればネイティブ並みスタッフが担当しております。また英語以外の言語に関してもグローバルな人力翻訳プラットフォームサービスを利用しております。すべての主要言語をプロの翻訳者がフォーマル、カジュアルなどの口調も含め、高い品質で翻訳する事が可能となっておりますので安心してご依頼ください。

最近の看板関連制作事例

安売りの制作は行いません。

近年、ますます注目度が高まっているデジタルサイネージ。
シーンに合わせて様々な情報を伝えることができる便利なメディアですが、
お客様のサービスに合ったコンテンツを表示できなければ
その効果も半減してしまいます。

BRIDGEが制作・導入するデジタルサイネージは、
お客様の会社や店舗、サービスの成長や成功を
最終目標においたツールと位置づけております。
なので安価なコンテンツ制作などはお受けできませんが、
コスト以上に、きっと効果のあるデジタルサイネージを
提供することをお約束いたします。

お客様に合った最適なコンテンツをご提案し、
コンテンツ制作から機器の選択、設置・施工、
アフターメンテナンスまでトータルでサポートいたします。

デザインに関してお困りのことがありましたら、まずはお気軽に私たちまでご相談ください。
ご入力頂いたメールアドレス宛に翌営業日中にご返答いたします。

※全項目をご記入ください。メールアドレスは半角英数字でお願いします。

〒904-0034 沖縄市山内4丁目12-13 M-4

090-9784-5303

営業時間:am9:00 - pm6:00

定休日:土・日・祝