Project Description

琉球王朝の頃から連綿と受け継がれてきた琉球びんがた。
先の大戦で焦土化した沖縄で消えそうになった伝統的な染、琉球びんがたを城間栄喜が廃墟のなかから復興し、幼いころからその背中をみて父栄喜の手助けをしてきた城間栄順。祖父 故栄喜(1908~2003)、父 栄順(1934~)の仕事場であり、緑にかこまれた屋敷にある工房が幼い頃の遊び場だった栄市(1977~)。家の仕事として代々継承されてきた祖父や父の業や志を受け継ぐ。作家は一代だが、家の仕事は次代の技へ繋ぐ・・・ “仕事が仕事を教えてくれる ”との栄喜の遺した言葉をとおして、日々の研鑽を積む城間家三代の仕事をご覧いただきたく「城間家の仕事 三代継承展」を行います。

その作品展のリーフレットデザインから印刷業務まで「株式会社 染と織琉藍」様よりBRIDGEにご依頼いただきました。

ぜひご来観ください。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

  • 日時:平成28年2月1日(月)~2月3日(水)
  • 場所:京都市下京区四条通室町角京都染織会館(産業会館9階)TEL 075-211-8341
    TEL:098-941-8200
  • 主催:城間びんがた工房 沖縄県那覇市首里山川町1-113
  • 後援:NHK沖縄放送局、沖縄タイムス、琉球新報